ご主人様の本便り

 今日はお墓参りに行きたいと思っていたのですが、この雨です。九月の連休は台風の影響で、本当に残念ですね。ご主人様もがっかりしているようです。

 さて、こんな時は読書です、本を読むご主人様です。最近、作家別に読むことが多いようですね。まずは井上荒野氏です。本当に文章が上手な方で、つい、引き込まれてしまいます。

 「しかたのない水」

 これはスポーツクラブのインストラクターや会員を軸に、人には言えない秘密とか、一癖ある男女との恋愛が描かれていて、深刻なような笑えるようなズルズルと引き込まれていく小説でした。

 「静子さんの日常」

 75歳の静子さんの日常を描いたものです。気品があって正義感があって、時おりハチャメチャにもなるけれど、いつも前向きな姿勢にはあっぱれとしか言いようがありません。こんなおばあさんになりたいと思いましたね~優しい気分になりました。

 「切羽へ」 きりはへ

 小さな島で夫と暮らす女性。ある日、この島に本土から一人の男性がやってくるのです。そして、不思議な魅力のある男に、次第に惹かれていく。恋の雫がぽたんとぽたんと落ちていくそのなまめかしさ。心の中を隠しているものの、周囲には、その恋心が丸見えなのです。その気持ちは切羽(トンネルを掘る先端)。先が見えない、何も見えない状態になっていく。しかし、トンネルが出来上がると、同時に切羽の気持ちは消えていくのです。直木賞の作品です。

 「結婚」

 これは結婚詐欺の男と、詐欺にあった女たちの話です。どうして結婚詐欺にあってしまうのか? 結婚とは何なのか? 面白く読みましたよ。

 「アカペラ」 山本文緒 著

 山本文緒氏の小説は好きでいくつも読んでおります。生きづらさが描いていることが多くこの本もそうでした。それぞれの短編を読み進めていると、少し、苦しくもなるのですが、最期には優しい気持ちになります。

 そして、アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ氏です。フランスの詩人で作家です。

 とある新聞である方がこの作家が好きで愛読していたと書かれていたので、どんな小説だろう思い読んでみました。幻想小説なのですが、非常に文章が描写力に優れ、詩的で官能的で、とにかく驚きました。ご主人様はやはり難しく読むのが大変だったと言っておりました。

 まずは「オートバイ」

 主人公は結婚したばかりの女性、しかも愛人がいるのです。ある日の朝、彼女は家を出てオートバイに乗り、彼に会いに行こうとする。オートバイに乗りながら、昔のことを思い出いたり、愛人のことを考えたりとするのですが、その描写が素晴らしくて、フランスのその街にいるような気分になりました。そして、最期は・・・

 「すべては消えゆく」

 これも、パリの地下鉄で、一人の女性と出会い、心を奪われてしまうのです。そして、その女性の手に思わず接吻をしてしまう。そこから淫らで美しく、まさに官能的な幻想が始まるのです。

 ご主人様は友人や、あるいは雑誌や新聞などで、評判が良いとか、おすすめの本の紹介があると、興味にあるものは、つい買ってしまったり、図書館に予約を入れたりするそうです。このアンドレ・ピエール・ド・マンディアルグという作家も、読んだこともなく知らなかった作家なのですが、やはり、読んでみて良かったと言っておりました。ちなみに、「オートバイ」はアラン・ドロン主演「あの胸にもう一度」と映画化されました。そして、「ルパン三世」の峰不二子のイメージは、この「オートバイ」の女性をモデルにしたそうですよ。皮のスーツを着てクールにバイクにまたがる姿。カッコいいですね!

 ご主人様はとある新聞を取っているのですが、(朝日新聞なんですが)キャンペーンがあり応募したところ、当選したそうです。賞品はなんと〈天声人語書き写しノート〉等でした。これはもっと新聞を読み、勉強をしなさいということですね、きっと。

 真面目に天声人語と向き合います。とご主人様の声。

 

ご主人様のシネマ便り

 ご主人様はこのところ、TVでエリザベス女王国葬やイギリスの様子を見ております。国葬は素晴らしく美しく感じられました。エリザベス女王がいかに国民に愛された方だということが手に取るようにわかりました。慈悲深く、真面目で、優しくユーモアがあり、チャーミングで、イギリスは勿論のこと、世界から尊敬される方でした。今更ながら、素晴らしい方だと痛感いたしました。

 日本からも天皇、皇后も参列なさり、その姿も素晴らしかったです。

 日本でも近々、安倍元総理の国葬がありますが、如何なものでしょうかと思います。やはり、国葬は国民にどれだけ触れ合い、気持ちを寄せ、愛されている人物なのか?が大切なことだと思います。どうにもこうにも、国葬に反対する国民が多数いる中で、話し合いもせず、正直に言えばとても日本が恥ずかしく感じます。と、ご主人様は思いながら、イギリスの美しい景色の中、国民に寄り添った女王の棺の行方を見ておりました。最後は愛する方の元へ旅立つのでしょう。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 さて、ご主人様は「ブラックバード」という映画を見たそうです。

 先日、フランスのゴダール映画監督が、自ら安楽死を望んでいたことが記事になり、驚いたのですが、この映画も、自死を扱った映画でした。

 治る見込みのない病を抱え、数か月後には寝たきりになってしまう現実と向き合いながら、家族に迷惑をかけることを拒み、家族との楽しい思い出を最後に旅立ちたいと願う一人の女性と、その家族の葛藤をえがいたものです。

 主人公の気持ちが分かれば分かるほど、されど、命は神様が決めることで、それは運命としかいえないものだとも思い、答えを見つけることが出来ず、とても考えさせられる映画でした。

 主演のスーザン・サランドン、ケイト・ウィンスレッドが素敵でした。

 場所はさいたま芸術シネマです。ご主人様は、この映画館が大好きで良い映画があると、時々、お邪魔していたそうですが、何でも、改装工事があるらしく、一年と半年ほどは休館だそうです。少し寂しいですね。

 月に一度は一緒に映画を見に行こう!これはライアンとの約束でした。今はひとりで行くのですが、やはり、その約束は守っていこうと思います。ライアンと一緒にいる気分でね・・・とご主人様は言っておりました。

 

 

十五夜

 昨日は十五夜でした。月がとても綺麗で、しばし、ご主人様は見とれておりました。

 さて、イギリスのエリザベス女王の訃報がありました。国民を愛し、信頼され、女王にふさわしく、やさしく謙虚で存在感の素敵な方でした。何とも寂しい思いです。

 葬儀は国葬だそうです。エリザベス女王と安倍元総理の国葬では、随分と違いますね。街を歩けば、「安倍元総理の国葬反対!」と呼びかける方々もいらっしゃいます。どうにも、国民の気持ちには寄り添っていないような気も致します。宗教といい、オリンピックといい、自国の政治を信頼できないことは本当に残念でなりません。と、綺麗な月を見ながら、主人様は呟いておりました。

 風が少し涼しくなってきました。これからは秋の出番です。どんな秋になるのでしょうか・・

ご主人様の歌舞伎便り

 早くも九月になりました。少しは涼しくなったように感じますが、台風の影響か、ちょっと蒸し暑いですね。

 さて、ご主人様は久しぶりに歌舞伎を堪能されましたよ。

「八月納涼歌舞伎」です。午前の部ですが、「新作歌舞伎 新選組」原作は手塚治虫氏の描く「新選組」です。舞台ではしばし、手塚氏の描く漫画が出てきて、楽しさ100倍でした。そして、「闇梅百物語」妖怪が出てくるユーモラスな舞踊です。

 夏休みでもありますが、子供でも楽しめる演目で本当に面白かったです。

 数年ぶりに勘九郎さん、七之助さんを拝見いたしましたが素晴らしかったです。色気があり、技もあり、驚くほどの素敵な舞台でした。

 勘太郎ちゃん、長三郎ちゃんを交えた父・勘九郎さんの親子共演、凄く良かったです。ご主人様はただただ感動しておりました。 

 そして、「超・歌舞伎」中村獅童さんと初音ミクさんの競演。古典歌舞伎と最新のテクノロジーが融合した歌舞伎となります。

 ご主人様が見たのはリミテッドバージョンだったので、主演は澤村國矢さんが演じましたが、面白かったです。生の舞台と映像が絡み合い、不思議な魅力が盛りだくさんで、素晴らしかったです。

 この「超・歌舞伎」には初音ミクのファン始め、多くのファンがいるそうで、その盛り上がりには驚きましたが、いろんなことにチャレンジする演出は、歌舞伎ファンのご主人様には嬉しい限りですね。とにかくこの二日間はまさに夢心地だったようですよ。

 歌舞伎座でお土産を買いました。八月の歌舞伎の記念クリアファイルとくろ玉というお菓子です。美味でした。

 芝居見物の後はちらちらと銀座を散策すると、カッコいいライオンを見つけました。ライアン登場です!

 交通会館に足を運び、とあるラーメン屋さんに行きました。TVで紹介されていたので、一度、伺いたかったのです。チャーシューが柔らかくて、噂通りのお味でした。毎日、店の前には行列だそうですがなるほどと頷けます。

 交通会館にいくつかのアンテナショップがあります。富山県のアンテナショップで昆布ガリと昆布入りうどんを買いました。ガリがおつまみにもなって美味しかったですよ。

 銀座って楽しい。定期的にぶらりぶらりして、いろんなアンテナショップに行って、旅行気分もいいなとご主人様は言っておりました。

合宿

 今日はまた暑さがぶり返しましたね。コロナも減ってきているようで、ほんの少し安心いたしました。

 ロシアのコルバチョフ氏がお亡くなりになりました。かつてはペレストロイカを掲げて、新たな試みをなさった方でした。個人的には好きな政治家で、今のロシアにはいてほしい方でもありました。残念でなりません。

 そして、稲盛和夫氏の訃報がありました。京セラ、KDDIを設立し、JALの経営の立て直しや、日本の企業力、経済を引っ張ってくださった方です。高齢とはいえやはり残念です。いつの日か、稲盛氏のような優れた方が現れてほしいと願います。

 さて、話は変わって、ご主人様はこの二日間、ゴルフの合宿に行ってまいりました。お近くのゴルフのお仲間で、場所は群馬県のとあるゴルフ場です。今回で四回目の参加です。

 昨年は凄い残暑でしたが、今年は涼しくて気持ちが良かったです。夏を追い出すように秋の風が吹き、きちんと季節が巡ることが嬉しいですね。

 気候は最高なのに、ご主人様のボールはあちこちと行ってしまい、結構大変だったようですが・・・

 このゴルフ場は食事も美味しくて、1泊二日のプレーセット料金もお得で、そして、楽しいお仲間がいてくださり、いうことありません。

 最後はケーキでお開きとなりました。ご主人様は随分と楽しそうでしたよ。

 

 

ある日のバースデー

 少し気温が下がったようですが、まだまだ蒸し暑いですね。

 さて、八月のとある日は、ライアンのバースデーがあります。勿論、もうお亡くなりになっているのですが、ご主人様は毎年、この日には「お誕生日ですね。今何歳ですよ」と話しかけてはお祝いするそうです。その昔、ケーキを持ち寄り、お仲間とワイワイと楽しく過ごしたことが思い出されました。本当に楽しかったな~。今となれば懐かしい思い出ですが。

お花も添えて・・・

 蝉の声も心なしか小さくなっているようです。小さい秋はもうすぐですね。
 

 

お盆

 今日は終戦記念日です。77年という歳月が過ぎました。戦争は傷つけあうだけで、何の得策でないことは十分に学んでいるはずなのに、それでも歴史は繰り返すのでしょうか。今もある戦争や、あまりにひどすぎる格差や貧困をニュースで見るたびに胸が痛みます。とご主人様は言っておられました。

 さて、お盆です。お盆は、家族でお墓参りをして家族で過ごす。というのが日本の風習としてあります。田舎もなく、特にこだわりがなくても、やはり家族と会い、一緒に食事をして過ごす方々は多いのでは・・・

 ご主人様も、昨日、家族と久しぶりに会い、食事を致しました。いつもの焼肉屋さんです。レバーにギャラに冷麺。カルビとか、タン塩とか、カキご飯とかたくさんあったのですが、つい、写真を撮るのも忘れ、先に食べてしまいました。皆さんにお見せしたかったのに残念。

 久しぶりの焼き肉は美味しかったです。炭火はやはり違いますね。皆と会えて、お盆気分を味わい、ちょっぴり幸せでした。外で飲むビールも久しぶりで、少し飲みすぎましたが・・・たまには良いかな?とご主人様は言っておられました。

 明日も暑そうですが、熱中症にならないよう気をつけますね。